マンション売却 抵当権抹消とは?どんな手続きが必要なの?

抵当権抹消とは?どんな手続きが必要なの?

マンション抵当権

 

マンションを購入する際、住宅ローンを組んで購入する人がほとんどだと思います。ローンで購入した場合は、借り入れた金融機関に「抵当権」が設定されています。

 

そのような状態のマンションを売却しようとした場合は、「抵当権抹消」手続が必要です。なんだか難しそうな話ですね。今回は抵当権抹消についてのお話です。

 

抵当権とは?

 

マンションや住宅などを購入すると際、一括現金で購入すのは難しいので、銀行などの金融機関からお金を借りるケースが多いと思います。

 

抵当権とは、お金を貸して購入した不動産に対して、「担保」を設定する権利のことです。人に対してではなく、不動産に対して「担保」を設定します。

 

つまり、ローンの支払いができなくなった時は、お金を貸している金融機関がその不動産を差し押さえますよ、という権利を指します。

 

これは契約の書面だけでも効力はありますが、金融機関は必ず「抵当権設定登記」を行います。登記簿に、「抵当権は自分にある」、と言う事を明記することにより、勝手に不動産を売れなくするのです。

 

 

抵当権抹消とは?

 

抵当権抹消とはその名の通り、上記の抵当権を設定されている不動産から解除することを言います。

 

長期にわたるローンを完済すると、借りていた金融機関から、抵当権抹消に関する書類が送られてきます。

 

お金を貸していた金融機関の仕事はここまでです。ローンを組む時は、取っぱぐれが起きないよう、抵当権の設定など色々と動いてくれますが、完済するとあとは結構あっさりしています。

 

ローンを完済すると、抵当権設定登記も解除する手続き「抵当権抹消登記」も必要です。自分で行う事も可能ですが、司法書士などの専門家に任せた方が無難だと思います。

 

 

マンションの売却代金でローンを完済する

 

住み替えのため、マンションの売却代金でローンを完済する、とお考えの方も多いことでしょう。

 

この場合は、抵当権の抹消と所有権の移転登記などのタイミングが重なるため、かなり複雑な手続きになります。

 

こういった場合は、やはり司法書士などの専門家に委任した方が賢明です。手続きは本人が行く必要もあるので、立ち会ってもらって手続きを行います。

 

この時、ローンを組んでいる金融機関も同席することがほとんどです。まだ残っているローンを回収する必要がありますので。

 

無事に手続きが終わると、金融機関は弁済証書等を渡します。この書類をもって、委任した司法書士が法務局に行って抵当権抹消の登記申請を行います。

 

 

売却代金でローンを完済できない場合は?

 

売却代金よりもローンの残債が多い場合は、どうしたらよいのでしょうか?先程もお伝えしていますが、抵当権の抹消は、ローンを完済する必要があります。

 

この場合は、今のマンションのローンの残債と、新しく購入する物件に必要なローンとを合わせた形で、新たにローンを組む、と言う事になります。いわゆる「買い替えローン」というものです。

 

これを使えば、買い替えは可能です。住宅ローンの金利も、今はかなり安くなっています。

 

ただ、これは簡単に使えるローンではありません。

 

新たにお購入する物件の担保価値が高い、年収が高く安定している、年齢など審査がかなりきつくなります。

 

事前に色々と調べたり、与信をかけてみるなど準備はしておきたいものです。

 

マンションの売却を委任する不動産会社は、このあたりの知識をもっているはずです。業者を選ぶ際、このあたりの知識もよく確認して決めましょう。

 

いずれせによ、マンションの売却価格は高いにこしたことはありません。複数の不動産会社の売却査定価格を比較して、できるだけ高く売却できる方法を探しましょう。

 

業者によってマンションの査定金額は、こんなに差が出ます!

 

マンション査定差額1

 

マンション査定差額2

 

マンションの売却を考えだしたら、適正な相場を知っておきましょう。そうしないと、相場よりも安く買い叩けれる可能性が高くなってしまいますよ。

 

お持ちのマンションの最新の査定金額は、こちらで調べることができます。

 

イエウール

 

このサービスの良いところは、「査定方法」が選べるところです。「机上査定」を選べば、訪問を受けることなく、おおよその査定金額を知ることができます。