マンション売却 流れや手順・方法についてのまとめ

マンション売却の流れ

マンション売る流れ

 

マンション売却の流れ

 

マンションの売却は、人生の中でそう何回も経験する事ではないと思います。ですので、一体何から始めたらいいのか?分からない事だらけですよね。

 

マンションを売却する際の流れと手順についてまとめてみました。

 

 

1.まずはある程度の事は決めておこう

 

マンションの売却を考える場合、理由は人によっていろあると思います。

 

例えば、

ご主人が仕事で転勤になって、家族で引っ越すことになった。
子供さんが大きくなって、もっと広いマンションか一軒家にに引っ越したい。
マンションを相続したけれども、住む必要がないので売却したい。
離婚して今のマンションが不要になった。
ローンの返済が苦しいので売却したい。

など、様々な理由がおありなのでしょう。

 

売りたい理由は色々ですが、いずれにせよ次の事はご家族で話し合って決めておいた方がいいと思います。

 

・いつまでにマンションを売却する必要があるのか
・売却価格の最低ライン

 

高いお金を払って購入したマンションですので、少しでも高く売りたい!と思うのはみなさん同じです。

 

「時間をかけてもいいので、出来るだけ高く売りたい」場合と「とにかく早く売りたい」場合では、不動産屋とのやり取りも変わってきます。

 

これが曖昧な状況で、マンションを売却しようとすると、不動産屋の言いなりになったり、その場に流されて後になって後悔するかもしれません。

 

また、ローンの残債や購入に充てれる資金を整理して、ここまでの金額で売却で知ればヨシというラインも把握しておくべきです。

 

実際は、思い通りに行かないケースもありますが、最低限この2つは決めておきましょうね。

 

 

2. 情報収集を始めよう

 

お持ちのマンションが、いくら位で売れそうなのか?情報を収集しましょう。近隣のマンションの相場を調べてみましょう。

 

NTTレゾナント運営の不動産総合サイト
goo住宅・不動産

 

インターネットで調べることのできるマンションの相場は、「中古マンションの売り出し価格」です。「この価格で売り出しているけれども、実際はなかなか売れない」物件も少なくありません。

 

実際はそこから値引きを行うケースも少なくありません。ですので、成約価格は、ネットでもなかなか調べることができません。

 

少し整理しますと、

査定価格:マンションの仲介を行う業者が、相場などを参考に、売れるであろうと算出する価格

 

売出価格:査定価格をもとに、売り主が決めた価格

 

成約価格:売り主と買い主が合意した契約価格

 

いずれにせよ、業者の査定価格がベースになってきます。

 

査定価格は、査定を行う業者によってかなり金額に開きがあります。ですので、まずは、プロ(不動産会社)が考えている相場を把握しておきましょう。

 

そうすることで、大切なマンションを安く買い叩かれることを防ぐことができます。こちらのサイトを使えば簡単に教えてくれます。

 

イエウール

 

このサービスの良いところは、「査定方法」が選べるところです。「机上査定」を選べば、訪問を受けることなく、およその査定金額を知ることができます。

 

 

3.不動産業者を探しましょう

 

マンションの売却において、不動産屋選びは非常に重要です。ここを失敗すると、思うような売却は出来ません。ですので、不動産業者は慎重に選びましょう。

 

コマーシャルを売っているような大手だから信頼できる

 

近所で古くから営業しているから安心

 

などの理由だけで決めてはいけません。業者にも得意分野があって、その業者は戸建て住宅の販売が得意で、マンション販売の経験が少ないかもしれません。

 

また、業者選びも大切ですが、営業マン選びも大切です。経験の浅い営業マンや、いい加減な営業マンも大手にもいるのです。

 

ですので、1社だけに声をかけるのではなく、何社かピックアップして話を聞いてみましょう。

 

先程のサイトを使えば最大6社の査定を受けることができます。

 

イエウール

 

 

4.マンションの査定を依頼する

 

いよいよマンションの査定をしてもらう段階にきました。マンションの査定価格を正確に知るには、やはり業者に実際にマンション見てもらう必要があります。

 

1社だけで査定してもらっても、その金額が妥当かどうか分からないので複数社査定は依頼しましょう。

 

ここで重要なのは、業者から出てくる「査定金額で売却できるわけではない」と言う事です。査定金額はあくまでも査定であってその金額で販売活動をします、と言う業者の意思表示です。

 

この査定金額も業者選びの判断基準になりますが、一か月もしないうちに「この金額では売れないので、値下げしましょう」と言ってくる業者も存在します。

 

やっぱり業者選びは大切です。

 

 

5.不動産業者に仲介を依頼する(媒介契約を行う)

 

不動産業者との仲介契約には、「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」の3種類があります。

 

詳細は>> 「一般媒介契約とは」 「専任媒介契約とは?」

 

 

6.マンションの売却開始

 

いよいよマンションが売りに出されます。販売方法は業者によって、またどの媒介契約を行ったかによって変わってきます。

 

折り込みチラシ、ホームページ掲載、雑誌への掲載、いろいろな手段があります。

 

どんな方法で営業活動を行うのか、事前に営業マンに核にしておくといいと思います。

 

実際に反響が出てくると、購入希望者が実際にマンションを見に来るようになります。(これを内覧といいます)

 

散らかっているから、年頃の娘の部屋だから、などの理由で内覧を拒む方もいらっしゃいますが、これはやめた方がいいです。

 

購入者も人生の中での大きな買い物ですので、中を見ないで買う人はほとんどいません。

 

見てもらって、「ここに住みたい!」と思ってもらって初めてマンションが売れるのです。内覧は急に決まる事もあるので、このころにはキレイに片づけ、掃除はしておきましょう。

 

7. 売却条件の交渉

 

マンションの購入希望者が見つかると、売却条件を交渉することになります。購入者の希望する購入価格と売却希望価格とのすり合わせや、いつ引き渡すのか、購入者のローンの審査は通りそうなのか、など色々な確認事項があります。

 

8. 売買契約

 

売主と買主で、双方納得いく条件が整ったら、売買契約を結びます。このあたりも仲介を依頼した不動産会社を通して行う事になります。
そこで、不動産会社の担当者から重要事項の説明があります。これは、契約締結後のトラブルを防止するために、マンションに瑕疵がないか、などを含め、取引条件についての説明があります。

 

不明な点や疑問点があれば、契約書に押印するまでに必ず確認しましょう。

 

 

9.マンションを引き渡す

 

いよいよマンションの引き渡しです。この段階でマンションの売却代金を受け取ります。それと同時に、登記申請(抵当権抹消、所有権の移転等)を行います。

 

引き渡した後にも、税金の手続きなどもありますので、忘れないようにしましょう。

マンション売却 流れや手順・方法についてのまとめ記事一覧

マンション売却に必要書類は?事前に用意する書類はコレ!

マンション売却に必要書類は?マンションは言うまでもなく「不動産」です。不動産の売却には、必要となる書類がいくつかあります。どんな書類が、いつ必要になるかをまとめてみました。間際になって慌てなくて済むように、事前に準備しておきましょう。売却を不動産会社に依頼する際に必要な書類マンションの売却を不動産会...

≫続きを読む

 

マンション売却 抵当権抹消とは?どんな手続きが必要なの?

マンションを購入する際、住宅ローンを組んで購入する人がほとんどだと思います。ローンで購入した場合は、借り入れた金融機関に「抵当権」が設定されています。そのような状態のマンションを売却しようとした場合は、「抵当権抹消」手続が必要です。なんだか難しそうな話ですね。今回は抵当権抹消についてのお話です。抵当...

≫続きを読む