突然の転勤で売却することになったマンション|マンション売却体験談

突然の転勤で売却することになったマンション

タワーマンション

 

私がマンションを売却したのは、すでに10年前になります。もともと、地元の関西に帰るつもりで、できるだけ値下がりしない物件を狙って、多少狭くても立地のよい、共用施設が充実した都内のタワーマンションを購入しました。

 

当時私が33歳で家内が32歳。長女が小学校入学のタイミング、次女は幼稚園児でした。

 

本当はもっと長く住む予定だったのですが、突然地元への転勤が決まり、賃貸に出すのか売却するのか迷った挙句、毎年の管理が面倒であることから売却を選びました。

 

売却に当たって、本来は複数の不動産会社に見積もりを出すべきところですが、購入した不動産会社の関係会社で購入希望者も既に抱えているという話を聞きつけ、とにかく早く処理をしてしまいたいということで購入時の営業マンの紹介で同じ系列の不動産会社に依頼しました。

 

39階建ての26階。2LDKの80平米、4000万円の購入価格でしたが、実際の売却価格が5000万円と2年住んだとも思えないような価格で、売りに出して2日間で即決です。
実際に購入してくれた方の下見も直ぐに終わり、オーダーとしては「特殊な大きさのカーテンだけ残し手もらえたらうれしい」というだけで、あとは何も問題はありませんでした。

 

不動産会社には専任媒介契約で仲介にはいってもらい、決められた手数料を支払うことになりますが、転勤が決まって、関西に引っ越す1ヶ月の間に全ての手続きを終えることが出来ました。

 

実際に転勤が決まり、仲介業者に3日後に連絡、賃貸ではなく売却と決めたのも1週間以内で買い手が見つかったのも2日です。

 

そして契約を全て終えるに当たってまでの合計期間は何と2週間。こんなに簡単に大きな物件を売却することができるとは夢にも考えていませんでした。

 

もともと、売却を想定していたとはいえ、これだけ値上がりして売却することが出来るなど本当にありがたいことです。

 

兵庫県 43歳 男性 TMさん

 

 

マンションの売却を考えだしたら、すべきことがある!

 

マンションの売却を考えだしたら、まずすべきことは「正しい査定相場の把握」です。

 

マンションの査定金額は、不動産会社によって300万円以上の開きが出ることも少なくありません。

 

知らずに売却すると、大きな金額を損してしまいます。ですので、ネットで一括査定依頼で相場を知っておきましょう。

 

こちらの一括査定サービスは、地域密着型の不動産屋から、大手の不動産会社まで数多くの会社と提携しています。

 

そのプロが査定をしてくれますので、現実的な相場を知ることができます。

 

わずか60秒の入力でで一括査定を依頼できます。

 

イエウール

 

このサービスの素晴らしいところは、査定方法が「訪問査定」か「机上査定」を選ぶことができる点です。

 

「机上査定」とは、業者が訪問することなく査定を受けることができます。これなら、ご近所にも知られないですし便利ですよね。

 

まだ相場を調べている段階で、家にまで来てもらっても・・と言う方にはピッタリです。

 

最高額でマンションを売るなら、相場を把握することから始まります。

 

もちろん無料ですので、一度試してみてはいかがでしょうか。

 

イエウール