西向きのマンションは夏に売り出してはダメ!

西向きのマンションは夏に売り出してはダメ!

リビング

 

私は、夫と子どもの4人家族です。私がマンションを購入したのは、売却の6年前。

 

当時新築の3線2駅まで徒歩15分の都市部のマンションでした。

 

間取りは2LDK56平米、リビング西向きの3階角部屋で3380万円。

 

新婚だったので、カーテンは全て測って同じものをオーダーしたり、カウンターキッチンに合わせて椅子を2脚買ったり、大小2つあるバルコニーの小さい方に置けるぴったりサイズの物置も購入。

 

とても快適な生活でした。

 

ところが、子どもが1人、そしてまた1人生まれて、荷物は増えるし来客は増えるし、手狭になってきたな…と感じ、子供が幼稚園に上がる前に!と引越しを決意!

 

引っ越し先は実家のそばと決まってきたので、そちらはそちらの仲介業者に探してもらってました。

 

そして、それに並行してマンション売却の仲介業者選び。

 

ちょうどチラシが入っていた、実績ナンバーワン!というキャッチフレーズに惹かれ、M社に相談。

 

土地が値上がりがしていたので、購入金額より高めの金額で設定したいと伝え、3780万で専任媒介契約を結びました。

 

それが6月頃のちょうど梅雨の真っ只中でした。

 

売り出すと、M社のHPに物件が載り、早速2件の内覧希望がありました。

 

ここからが大変でした。

 

本当に。。

 

普段から綺麗にしていれば良いだけの話だけど、乳児と幼児がいて、荷物多くて手狭だから引っ越したいのに、どうやって家を良く見せられるのか…無理でした。

 

仕方なく、内覧当日に、詰め込めるところに荷物を詰め込み、ベッド下にもガンガン詰め込み、車にまで詰め込みました。

 

水周りもレンジフードもいつも以上に綺麗にして、年末大掃除のようでした。

 

いざ、お一人目。

 

何をいうかと思ったら、「お風呂のお湯が抜ける時間を知りたい」と言われました。それで、排水の詰まりだか使用劣化がわかるんだとかなんとか。

 

もう1人は隅々までみるだけみて金額が高いとバッサリ

 

簡単に売れないとはわかっていたけど、先行き不安でした。

 

その後、オープンハウスを2回やるも、西向きのマンションの13時?17時って、晴天の日はヒドイ暑さ。

 

普段はバルコニーに布のスダレみたいな日除けをつけてたけど、見栄えが悪いということで撤去したのが良くなかったのかもしれません。

 

そしてそんな様子で2ヶ月が過ぎた頃、M社の担当者から、金額を下げるべき、もうこの金額では売れない。と言われました。

 

けれど、その土地は値上がりしているし、下げる気にはなれず、悩んだ結果、他の仲介業者N社に相談に行きました。

 

すると、下げずに売りましょう!我が社なら下げずに必ず売ります!と言われました。

 

その言葉を信じて、M社との契約は破棄し、N社と専任媒介契約を結びました。

 

そして、真夏の8月。

 

第1回目のオープンハウス。

 

相当な暑さだったようです。

 

すると、担当者が、涼しくなるまで金額はこのままで、様子を見ましょうと言いました。冬に売れると思うから、次のマンションも冬に交渉に入るつもりで今はいろんなところを見ておいてくださいと。

 

その言葉通り、秋は引っ越し先を見て回り、冬に向けて、購入先も絞り込んでいました。

 

そして、12月。

 

売り始めてから6ヶ月が経過した冬、我が家は内覧に来た方が、提示金額の3780万のままその場で購入を決めてくださいました!

 

この家に合わせたカーテンもそのまま、カウンター椅子もそのまま、バルコニーの物置もそのままというのも気に入っていただけたようです。

 

そして、次の月には引越し先も決まり、1週間のズレは生じましたが、無事売却&購入の人生でなかなか経験しない大きな契約を終えました。

 

このN社の担当者は引っ越し後まで気にしてくださっていて本当に感謝しかないです。

 

業者はもちろん大事ですが、その担当者の人柄がやはり1番大事だと思います。

 

30代女性 Y.Hさん