売却前提のマンション探しと売却について|マンション売却体験

売却前提のマンション探しと売却について

マンション

 

ちょうど10年前に売却したマンションについてご紹介したいと思います。

 

私は東京での勤務が長くなる予定で最終的には定年後、実家の一戸建てを建て替えるつもりにしてました。

 

会社家賃補助による賃貸マンション住まいよりも、売却前提で資産を所有する、つまり分譲マンションを購入した方が最終的にはメリットがあるのではないかというコトでマンション探しを行うことにしました。

 

その結果、都内のタワーマンション、それも大規模マンションで共用施設が整っていて、将来的に値上がりは無理でも値下げ幅が少ない物件を言う条件で絞込みをかけ、1年程度いろいろ調査した結果、マンションを購入しました。

 

本来であれば、10年程度すむつもりにしていたのですが、何と2年住んだあと、突然名古屋転勤の辞令が下ったのです。

 

これには正直あせりました。

 

子供もまだ小学校に入っていなかったので、家族みんなで地元である名古屋に移り住むことはすぐに決定しました、。

 

問題は苦労して購入したマンションです。

 

当初は賃貸に出すというプランもあったのですが、毎年の手続き、確定申告、さらには空き室のリスクなどを考慮して売却を選ぶことにしました。

 

新築、2LDKのマンションで3980万円の26階の購入物件です。

 

とにかく「転勤の1ヶ月以内に全てを終わらせたい」という思いもあって、仲介業者も本来であれば、相見積もりをとってもよかったのですが、購入した不動産会社の関連会社に依頼することにしました。

 

もちろん、媒介契約を結ぶ形になります。

 

驚いたことに築2年とはいえ、物件をすでにゆずってほしいというクライアントが予約もあり、何と新築購入時より100万円も高い4080万円で売却が可能とのこと。

 

もちろん、すぐに売却を決めて、購入者との現場下見も済ませて契約手続きに入りました。

 

何と、媒介契約を依頼して購入者探し、そして契約終了まで2週間というスピード決着でした。

 

名古屋市 43歳 男性

 

 

マンションの売却を考えだしたら、すべきことがある!

 

マンションの売却を考えだしたら、まずすべきことは「正しい査定相場の把握」です。

 

マンションの査定金額は、不動産会社によって300万円以上の開きが出ることも少なくありません。

 

知らずに売却すると、大きな金額を損してしまいます。ですので、ネットで一括査定依頼で相場を知っておきましょう。

 

こちらの一括査定サービスは、地域密着型の不動産屋から、大手の不動産会社まで数多くの会社と提携しています。

 

そのプロが査定をしてくれますので、現実的な相場を知ることができます。

 

わずか60秒の入力でで一括査定を依頼できます。

 

イエウール

 

このサービスの素晴らしいところは、査定方法が「訪問査定」か「机上査定」を選ぶことができる点です。

 

「机上査定」とは、業者が訪問することなく査定を受けることができます。これなら、ご近所にも知られないですし便利ですよね。

 

まだ相場を調べている段階で、家にまで来てもらっても・・と言う方にはピッタリです。

 

最高額でマンションを売るなら、相場を把握することから始まります。

 

もちろん無料ですので、一度試してみてはいかがでしょうか。

 

イエウール