専任媒介契約とは?メリットとデメリットについて|マンション売却ナビ

専任媒介契約とは?メリットとデメリットについて

 

専任媒介契約とは?

 

仲介業者を1社に決めて、その不動産会社とだけ行う媒介契約です。重複して、ほかの業者に仲介を依頼することはできません。

 

契約できる業者の数 1社

 

契約外の業者の仲介は?:×

 

売り主(依頼者)への業務報告義務:あり(2週間に1回以上)

 

「レインズ」への登録義務:あり(7日以内)

専任媒介契約には、「専属専任媒介契約」というものもあります。これは売り主が自分で買い手を見つけた場合でも、仲介業者を通して契約しなくてはならない、というものです。

 

専任媒介契約のメリット

 

不動産会社からすれば、自社独占の物件になりますので、おのずと営業活動にも力が入ります。売るためのいろいろなアドバイスをしてくれたり、広告宣伝費も積極的にかけることでしょう。

 

物件が売れれば必ず手数料が入ってきますので、ある意味当然ですよね。

 

このように、不動産会社にとってメリットがありますので、積極的に販売活動を行ってくれる、というのが最大のメリットです。不動産業者との信頼関係が築ける契約形態です。

 

 

専任媒介契約のデメリット

 

デメリットとすれば、1社としか契約ができませんので、動きの悪い業者に当たってしまうと、なかなかマンションが売れない、ことも考えられます。

 

また、自社で販売も行いたい(手数料が売位になりますから)と、レインズから問い合わせをしてきた業者に対して、「もう売れた」「今、商談中」など、抱え込みをする業者も、悲しいかな存在します。

 

 

そうなると、なかなかマンションは売れませんので、やはり、業者選びは慎重に行いたいですよね。