一般媒介契約とは?メリットとデメリットについて|マンション売却ナビ

一般媒介契約とは?メリットとデメリットについて

 

一般媒介契約とは

 

マンションの売却にあたり、複数の仲介業者にマンションの販売活動を依頼する方法です。複数の不動産会社に依頼をして、それぞれ平行してマンションを売ってもらう方法です。

 

契約できる業者の数:規定なし※但し明示が必要

 

契約外の業者の仲介は?:営業経費を払えば可

 

売り主(依頼者)への報告義務:なし

 

「レインズ」への登録義務:任意

 

一般媒介契約のメリットとは?

 

色々な複数の業者に依頼をするので、一つの業者の動きが悪い場合でも、他社も並行して販売活動を行うことができます。

 

1社に限定されませんので、売り主が買い手を探してくることも可能です。

 

売却物件が人気の立地だとか、すぐに買い手がつくような物件の場合は、業者も労力をかけずに売れますので、競って営業を行います。

 

人気物件は、この契約形態は有効であるといえるでしょう。

 

 

一般媒介契約のデメリット

 

業者からすれば、自社でいくら 広告費をかけても、他社で決まってしまえば手数料が入りませんので、広告やチラシなどの営業経費を積極的にかけづらくなります。

 

業者他にも選任媒介契約をしている物件があるため、営業を行う優先順位は、当然低くなってしまいます。

 

要するに、積極的に扱ってくれない可能性が高い、ということです。

 

また、レインズへの登録義務がないので、逆に販売機会を少なくしてしまう可能性もあります。

 

不動産会社からすれば、あまりメリットのない契約形態と思っています。

 

また、売る側からしても、いくつもの窓口ができてしますので、やりとりも大変になってしまうことも考えられます。

 

まとめ:一般媒介契約は「超人気物件」以外では、メリットは少ない。