仲介手数料、両手狙いの不動産屋は要注意!マンション売却ナビ

仲介手数料、両手狙いの不動産屋は要注意!

不動産屋 両手

 

仲介手数料、両手狙いの不動産屋は要注意!

 

不動産業者はマンション等の不動産の売買や賃貸のを仲介することで手数料を受け取っています。この不動産売買の仲介の呼び方に「両手仲介」と「片手仲介」というものがあります。

 

あまり聞きなれない言葉ですが、マンションを売るには知っておくべきですので、最後まで読んでみてくださいね。

 

「片手仲介」とは?

 

その名の通り、売り主か買主のどちらかからだけ、仲介手数料をもらう方法です。

 

一般的な媒介の方法で、マンションの売買にあたり、売り主と買主に別々の業者が入って契約を結ぶ形です。

 

「両手仲介」とは?

 

こちらは、売り主と買主の両方から手数料をもらう方法です。1社独占で売り買いを完結させる方法ですね。

 

単純に、手数料が「倍」になるので、不動産業者にとっては”おいしい”取引方法になります。

 

 

両手仲介は「悪」なのか?

 

両手仲介は、手数料が倍になることから、業者に騙されたようなイメージがあって、よく言われない事が多いです。

 

はたして、両手仲介は悪い事しかないのでしょうか?

 

それば少し違うと思います。

 

買う、売る、を同じ業者が担当することによって、物件の内容をよく把握し、マンションを探しているお客様に対しても、適切な説明をしてくれる可能性も高くなります。

 

物件の査定に実際を物件を見て査定をして、買主の思いや物件のセールスポイントも把握しているはずです。

 

では、両手仲介の何が問題なのでしょうか?それは、「囲い込み」をする場合です。

 

囲い込みとは、自社で倍の手数料が欲しいために、他社に物件情報を公開しないで、単独で販売しようとする事です。

 

通常であれば媒介の依頼を受けた業者は、その物件の情報を、レインズなどの指定流通機構へ登録し、広く不動産会社に対して情報開示してくれると、買主を広く探すことができます。

 

媒介契約が、専属専任媒介、専任媒介のいずれかであれば、レインズへの登録は義務付けられています。(一般媒介は登録の義務はありません)。

 

このレインズを経由して他の不動産会社から問い合わせ入った時に、「商談中」とか理由をつけて、あえて紹介しない場合もあるのです。

 

このような囲い込みは、機会損失を与える可能性が高く、売り主にとって非常に迷惑な話なのです。

 

 

じゃあ、どうすればいいの?

 

この両手仲介は片手仲介は、業者が売り主に対して前もって承諾をとらなくてはばらばい、などの義務はありませんので、どういった方法で買主を探しているかを判断することは難しい事です。

 

完全に見極める方法はありませんが、

 

・専任媒介契約を結んでいるのであれば、レインズの『登録証明書』をもらいましょう。

 

■専属専任媒介契約
不動産会社は媒介契約締結後、5日以内にレインズへ登録しなければなりません。
1週間に1回以上文書による業務の処理状況を報告しなければなりません。

 

■専任媒介契約
不動産会社は媒介契約締結後、7日以内にレインズへ登録しなければなりません。
2週間に1回以上文書による業務の処理状況を報告しなければなりません。

 

引用:http://www.reins.or.jp/

 

すぐに売れそうな物件を、登録せずに自社で一定期間保有して買手を探す、という業者もいますので、登録証明書を確認しましょう。

 

また、契約から一か月以上も何の報告もないのは上記に反しますし、「囲い込み」の可能性も高いです。

 

不信感が大きいのであれば、他の業者を探してみるほうが賢明です。

 

マンションの売却を考えだしたら、必ずすべきことがある!

 

マンションの売却を考えだしたら、しておくべき重要な事があります。それは、今のマンションの売却相場を把握しておく、ということです。

 

業者によってマンションの査定金額は、こんなに差が出ます!
マンション査定差額1

 

マンション査定差額2

 

マンションの売却を考えだしたら、適正な相場を知っておきましょう。そうしないと、相場よりも安く買い叩かれる可能性が高くなってしまいます。

 

お持ちのマンションの最新の査定金額は、こちらで調べることができます。

 

イエウール

 

このサイトの素晴らしいところは、査定方法が「訪問査定」か「机上査定」を選ぶことができる点です。

 

「机上査定」とは、業者が訪問することなく査定を受けることができます。これなら、ご近所にも知られないですし便利ですよね。

 

まだ相場を調べている段階で、家にまで来てもらっても・・と言う方にはピッタリです。もちろん無料ですので、一度試してみてはいかがでしょうか。

 

実際の訪問査定も、一度の入力で複数の業者に依頼できますので、業者を選ぶ際にも有効なサイトです。